スマホは水に弱い!初めて専門店に行く際、前もってやっておきたい事とは?


水没故障は必ず専門店に修理依頼を

電子機器は水が大の苦手です。最近は防水仕様のスマホやタブレットが登場しましたが、それでも大多数の製品は水没や激しい水濡れに弱いです。台所やお風呂やトイレ、庭の池や道の水路、アウトドアを楽しむ時の池や海や水たまりなど、想像以上にスマホをうっかりと落としてしまう場所はたくさんあります。他の電子機器に比べて、どうしてもスマホは携帯する頻度が多い物です。その分だけ水没の危険性は自然と上がり、ほんの一瞬の油断から、大事な端末を水没させてしまったり、水濡れさせてしまいます。

いくら注意していても、自然災害は避けられません。自宅が洪水被害に見舞われたら、部屋に置いていたスマホが水没します。また帰宅する時にゲリラ豪雨に見舞われても、本体が激しく水に濡れてしまい、故障に至るでしょう。水関連のスマホ故障は残念ながら、ユーザーの手では先ず修理不可能です。故障したり水濡れによるトラブルが起きた時は、なるべく早く専門店を利用しましょう。

スマホ修理に行く前に、予約や相談を

スマホ修理を請け負うお店は全国各地にあります。有名な電気街にもありますし、ショッピングモールの一角に店舗が用意されていたり、利用客か多い駅前や商店街などでも営業しています。いわゆる飛び込みで修理に行っても大丈夫ですか、スムーズに対応してもらいたい場合は、ネットや電話を通して予約を入れておきましょう。美容院のように、予め電話予約を入れておけば、待ち時間が最小限になります。

メッセンジャーアプリで気軽に予約や修理の相談、見積もりが出来る専門店もありますので初めて利用する方こそ、事前によく下調べをしておき、予めアポイントメントを取っていた方が安心で確実です。

スマホのバッテリは2年から3年で寿命を迎えます。充電の効率が極端に悪くなるので、使い切った場合は早めにスマホ修理店に行き、バッテリ交換を依頼しましょう。

iphoneの電源の切れないの記事